2009年6月6日土曜日

アートを創る人にとっての好環境

テストが終わり、ちょっと気の抜けた一日になってしまいました。語学は継続して勉強しないと身に付かないですね。


( rockin'on 2009.07 )

ロッキンオン今月号のソニック・ユースへのインタビュー記事が興味深かったです。

音楽がネットを通じて普及されるようになり、CDが売れなくなってきている音楽ビジネス環境に対してのサーストン・ムーア(ソニック・ユースのフロントマン)のコメント。以下、少し長いですが引用します。

「こういう現状は音楽にあった"セレブリティ"的な観念を排除し、音楽をもっと地に足の着いた人に近付けることになると思う。(中略)それは知性をもたらすと思うし、音楽にとっても、音楽を創る人にとってもそれはすごくいいことだと思うんだ。(中略)これから音楽を創りたいという人はすごく献身的にならなくてはいけないし、心からやりたいと思わなくてはできない。」

音楽がネットで配信される環境の本質をついたコメントだと思う。CDが売れなくなることはアーティストにとって厳しい状況に違いないと思う。けど、セールスに縛られることなく、より自由に創造できる環境が整ったことは意義深いのだと思う。

誰もが発信者になれるということは、確かに、心からやりたいと思わなくてはできないことだと思う。結成以来30年もの間、彼らは音楽のアート的側面を更新し続けた。だからこそ、その言葉に重みを感じる。

1 件のコメント:

  1. 突然の投稿失礼致します。

    当方はアジアカラー[ http://www.asia-color.net/ ]
    というアジア在住の日本人ブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
    ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキングサイトの様にアクセスを稼げる仕組みになっております。
    (まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

    当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
    是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。
    宜しければ下記より、ご登録頂ければと思います。

    登録ページ
    http://www.asia-color.net/entry.html

    突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。

    返信削除