2017年2月21日火曜日

中東の絶望、そのリアル


約20年に渡り中東情勢を現場から報じ続けたアメリカ人ジャーナリストが語る中東。自身が実際に見て、そして体験したことをもとに語るのだからリアリティーを感じます。シリア難民問題についての情報を取集として読み始めたのですが、本書からは混迷する中東と、米国の政策とのリンクが読み解けて理解が深まりました。

特に、イラク戦争へのブッシュ政権の介入と、アラブの春以降のオバマ政権の中東不介入が、中東の混迷を加速させ、ISの台頭を招いてしまったことについて、他書よりもその変化の様子を捉えていて分かりやすかったです。

また、中東の今後を予想する終章では、安定のために新たな独裁者の誕生と、その体制維持のために監視社会が強化されると述べています。それは中東に限らず、日本も含め、世界の多くの地で現在進行形な気もします。

以前読んだ「シリア難民」もそうだったのですが、欧米ジャーナリストの書く本は、主語が本人で、その体験がある意味ドラマチックに綴られているので、読み物として面白い反面、若干の押し付けがましさのような熱を感じます。良いとか悪いとかではなく、著者が側にいて話をしているような、そんな感覚になる一冊でした。

共謀罪をもっと議論して

東京新聞 2017.02.21

写真は天下り問題についての記事。最近多く報道されている。どうしようもないくらい腐りきった問題なのだけど、今は共謀罪がもっと報道されるべきだと思う。何を「問題」とするかまで政府にコントロールされているのでは?と勘繰ってしまう。

都合の悪いことは都合のいい時期に発表するなど、その手の情報操作は常套手段になっている。問題を隠すために問題を作ることも当然あり得る。後戻りが効かないという点で、共謀罪はもっともっと論じられなければならない。

2017年2月18日土曜日

5ヶ月目

とっ散らかった部屋(笑)

始めに御断りしておきますが、この部屋の状態はわざと演出しています。

娘が産まれて5ヶ月が経ち、今週から離乳食も始めました。今まで夜通し寝ていたのですが、最近はお腹が減るのか、夜中に何回か起きるようにもなりました。元気に成長してほしいです。

昨日、友だちから子どもを授かったと嬉しい連絡がありました。僕は人の幸せを無条件に喜べるほど出来た人間ではないのですが、その友だちの幸せは自分のこと以上に嬉しく感じるので不思議です。無事に出産できることを願ってやみません。

2017年2月17日金曜日

少数派に添う対応ができたら

東京新聞 2017.02.17

娘が産まれて今日で丁度5ヶ月。下の歯も2本目が生え始め、すくすく成長しています。そんな記念日(?)に、僕の記事がまた東京新聞に掲載されました。ありがとうございます。

内容は数日前のエントリーに記載したものです。僕は、民主主義というのは、少数派の声を聞くことが絶対に必要であると考えていて、だから最近の「空気」に民主主義の劣化を感じています。その象徴はやっぱり沖縄米軍基地問題で、これは沖縄での選挙結果を無視していることから、二重の意味で民主主義の劣化なのだと思います。

東京新聞へ投稿を始めてから、僕の他にも繰り返し投稿をしている人を見つけて密かに対抗心を燃やしています(笑)。今書きたいのは議員報酬についての欧米との比較による記事。なかなか手がつけられないのですが…。

2017年2月15日水曜日

欧州複合危機

遠藤乾「欧州複合危機」中公新書 2016

知らなかったことを知り、分からなかったことが分かる。それは出来なかったことが出来るようになった時と同じように、喜びと興奮をもたらす人生に欠かせないかけがいのないスパイス。本を読む醍醐味はそこにあると信じています。本書もその醍醐味を味わえる一冊でした。

僕が本書を読み始めたきっかけは、シリア難民問題について考える材料が欲しかったからです。まずその意味において、とても参考となる視座を得ることができました。

1.EUは難民問題に対応できるよう設計されていない
そもそもEUは、第二次大戦後、復興し力をつけたドイツを政治的、地政学的に欧州のくびきに置くことを目的に誕生した経緯がある。その目的においては機能的であったが、同時にEUの強みである域内の移動の自由があることは、難民問題を引き付けるプル要因となり「問題」そのものの一因ともなっている。

2.難民問題に対してEUは変節した訳でない
人権侵害の可能性があるとされるトルコとの協定をきっかけに、EUの難民対応が変節したと非難されがちである。そういった側面は無視できないものの、そもそもEUは歴史的に難民に対して寛容であった訳ではない。ドイツをくびきに置くことに成功したEUは、存続のために新たな価値観を必要とした。そこに人権、民主主義などのリベラル要素が明文化されず意識化された経緯がある。

これらはシリア難民問題を考えるために欠かせない視点であると思う。EUが解決策なのではなく、逆に問題の一因であるというのは説得力を感じる。そして自ら問題を作り出し、そのことで各国のナショナリズムが高まり、EUの存続自体が問われることに皮肉を感じてしまう。またナショナリズムの高揚についてはグローバル化との関連を分かりやすく解いている。

トランプ大統領の誕生。極右政党が勢い付く欧州。長期化する安倍政権。どれもがグローバル化の加速とともに疎外された中間層の衰退に起因している。グローバル化と民主主義と主権国家が成り立たないトリレンマの中で、民主主義が犠牲となり、ナショナリズムはその反動ともいえる現状だが、そこに現れるものがさらなる民主主義の衰退にならないか、そこが非常に気掛かりである。


2017年2月14日火曜日

ロックンロール・バンド

rockin'on 3月号

今年もサマソニ&フジロックの第一弾が発表された。サマソニはカルヴィン・ハリス、フジはビョークにエイフェックス・ツイン。どちらももう一組のヘッドライナーは未発表なので、是非ともロックバンドに来てもらいたい。

フジにキャットフィッシュが来るので、一緒にツアーしているグリーンデイも来てくれた最高なのだけど、ビリーのヴィザが果たしておりるのかなぁ。期待して待ちたい。

僕はロックバンドが好きなので、究極のロックンロール・バンドなんて特集組まれたら読まずにいられない。僕にとっての究極のロックンロール・バンドはストーンズとオアシス。もちろんどちらもランクインしている。

特集以外のインタビューは、ツードアとキャットフィッシュが良かった。どちらも若手のロックバンド。いい音楽を鳴らすし、インタビューも飾らないストレートな発言で好感度が増した。もっと売れて、フェスのトリになれるくらいビッグになってね。

2017年2月12日日曜日

サバイバルファミリー


は本作を上映前からとても楽しみにしていました。電気もガスも水道も止まった世界で人はどう生きるのか。ハリウッドが作ったら世界を救う大作になりそうな内容を、コメディータッチに仕上げたのは秀逸だったと思います。

1.防災意識UP
日本のような震災大国では、生活インフラが寸断される危機は起こりうる。それに対しどう備えるか。そういう現実的な視点でみても含蓄ある内容だったと思います。3.11の丁度一ヶ月に公開したことも何かの暗示かと思います。

2.家族のカタチ
タイトル通り、家族が家族としてサバイバルする変化を描いています。困難を乗り越える過程で家族の絆を深める。ありきたりかも知れませんが錆び付かない普遍性のあるテーマだと思います。

便利さと引き換えに人間が失ってしまったものは何か?。そういう現代文明に対するアンチテーゼとして観ることも出来る。けど作品の本質はコメディーで、あくまでもエンタメとしてそんな「疑問」を切り取ったことが、改めて見事だと思います。

補足:エンドロールに流れた楽曲がとても良かったです。